スロウガーデンとは

ミドリカフェが提案する緑について

gardening_top2

化学肥料や農薬・人工添加物などに頼らず、手間ひまかけて育てる過程を楽しむ、人と自然にやさしい緑空間づくり

ミドリカフェでは、無農薬・無化学肥料にこだわった土づくりを育むコンテンツ、あるいはお手入れの際に発生する残渣(草、落ち葉など)を堆肥化するような循環型利用が可能なコンテンツ、そして何より地元産の自然資材を使用することで周りの環境やエネルギーにも配慮したプランも合わせてご提案させていただきます。
緑をデザインをするということは、地べたをデザインすることだとミドリカフェは考えます。
すなわち、地べたをデザインすることを「ランドスケープ」と呼びます。地べたをデザインするにあたっては、「自然環境(地形や地勢、天候、動植物など)」「景観」「生活利用」「防犯・防災」4つの視点からつくりあげます。この視点たちが連鎖連動し、共生共存することで、地べたはより活かされた空間となります。これらをカッコ良く、クールにデザインするのがミドリカフェの仕事です。

10301354_924012800946976_8008831151022689004_nミドリカフェ代表:ウチダ ケイスケ
1972年生まれ。ミドリカフェ代表。京都工芸繊維大学工芸学部卒業後、造園コンサルタントに約8年従事。独立後、都市部におけるエコでスロー なライフスタイルを提案する「ミドリカフェ」を2007年にオープン。無添加・無農薬で育てる菜園や庭づくりの設計デザインやガーデニング雑貨・ タネ苗の販売を行っている。2013年〜2015年兵庫県立淡路景観園芸学校インストラクター、2015年〜神戸大学農学研究科地域連携センター学術研究員。

□造園コンサルタント在職時に関わった主な業務
国営飛鳥歴史公園 石舞台公園行催事舞台計画
神戸学園南地区 環境保全型街づくり検討業務
鳴海団地(仮称)環境共生計画業務
山陽自動車道 休憩施設 修景計画業務
北摂(住宅)地区 平谷川生物生息調査業務
鳥取県全国都市緑化とっとりフェア(仮称)基本構想・計画検討 など

□フリーランス時に関わった主な業務
神戸市東灘区深江地区まちづくり協議会ホームページ作成
京都府丹後半島「共生の森」プロポーザル作成/基本計画作成
参加型普及啓発事業における基礎的調査業務
春日山公園サイン計画
日本道路公団舞鶴若狭自動車道基本設計 など

ページ上部へ戻る