スロウガーデン施工事例

長傳寺庭園改修(兵庫県神戸市)

土壌劣化や高樹齢のため弱ってきている樹木を整理し、新しいリズムと彩りを風景に与えるための和風庭園改修を行いました。
伐採・剪定した樹木は全て炭化し、土壌改良材として土に還しました。
固まった土壌環境を改善するために、溝を切り、そこに炭化したものや剪定枝などを入れ込み、水と空気の通り道をつくり、土中の微生物や菌類などの棲家を再生しました。
土中の生き物が活発になることにより、劣化した土壌は再生されます。
また、水引き垣の設置により風景にリズムをつくり、藤棚の改良(フェンスとベンチの設置)により休憩スペースをつくり、ヒューケラの植栽や流れに伊勢砂利などを敷き詰めたことにより、緑色の空間に彩りを創出しました。

施工提携 :
兵庫県立淡路景観園芸学校
庭のジプシー橋口陽平
佐々木陽祐
Magical Furniture

*伐採・剪定した樹木の再利用(炭化+水・通気路の確保)
a6 a6-2 6

*左:施工前 右:施工後
a a1

1

*左:施工前 右:施工後
a2 2

*左:施工前 右:施工後
a4 4

*左:施工前 右:施工後
a3 3-2

3

*左:施工前 右:施工後
a5 5

*左:施工前 右:施工後
a7 7

8

img_9573

9

img_9553

関連記事

ページ上部へ戻る